2007年03月10日

墓参り&近つ飛鳥風土記の丘

 今日はりねさんとチャミーを連れて、父の墓参りに行ってきた。

 十時前に家を出て、茨木インターから名神高速に入る。近畿自動車道・阪和自動車道と乗り継いで、美原北インターで降りる。そこからさらに少し走って、一時間ほどで到着した。
 墓参りを済ませてから、途中のコンビニでおにぎりを買い、『近つ飛鳥風土記の丘』へ向かう。ここは、一須賀古墳群を中心とした史跡公園で、大小約百基の古墳があるらしい。墓参りのついでに寄ってみることにした。(どっちかというとこちらがメインのような気も‥‥)

20070310_0056.JPG 十分ほどで風土記の丘に到着。『近つ飛鳥博物館』前の駐車場に車を停めた。博物館はペット禁止だったので今回はパスした。
 写真は博物館の建物。バブル全盛期にできた建物で、無駄に豪華である。ちなみに設計は安藤忠雄だ。
 博物館のロビーで風土記の丘の地図をもらい、散歩に出発。

20070310_0035.JPG そろそろ散りかけの梅林の脇の道を通り、管理棟の向かい、一番目立つ場所にある45号墳に到着した。
 もっとも、この45号墳は元々この場所にあったものではなく、すぐ近くの寛弘寺古墳群からの移築らしい。

20070310_0037.JPG 45号墳の石室をのぞきこむチャミー。
 この後、園内を一回り散歩。と言ってもかなり起伏が激しく急な階段もあり、けっこうハードな散歩である。

20070310_0040.JPG 石室をのぞき込むチャミー。
 D支群のひとつで、中は真っ暗だ。

20070310_0042.JPG 園内最大のD4号墳。

20070310_0055.JPG 石室をのぞき込むチャミー。
 これはJ支群の一つ、天井石が失われて石室が剥き出しになっている。

20070310_0044.JPG もっとも高いところにある第一展望台からの眺め。PLタワーも見える。晴れた日には淡路島まで見えるのだとか。
 その後梅林まで戻り、昼食のおにぎりを食べる。一休憩してから帰途に着いた。

 帰ってきてからはちょっと昼寝、そして夕食は家で食べる。メニューは、帰りにスーパー『マンダイ』で買ってきたヒレカツ・餃子・ポテトサラダだった。
at 23:59 | 日記