2007年10月28日

九州旅行25/35:御宿小笠原(1泊目)

 この日の宿は『御宿小笠原』。「ペットと泊まれる本格温泉宿」ということで、全室が一戸建ての離れというけっこう高級な旅館である。
 旅行の最後ということではりこんで、ここには2泊した。

20071028_0449.JPG 1泊目は露天風呂付きの特別室。

20071028_0450.JPG 専用のドッグランまで付いている。

20071028_0445.JPG 中は和洋室になっていて、かなり広い。広すぎて落ち着かないくらいだ。
 これは和室の方。

20071028_0446.JPG 写真がちょっとぼけているが、これが洋室。

20071028_0447.JPG これが露天風呂付きの浴室。

20071028_0452.JPG 部屋の中では犬は自由にできる。
 お食事処はペット同伴可のものと不可のものとふたつあったが、落ち着いて食事がしたいので不可の方にした。夕食は和食のコース料理、朝食も和食だった。

20071029_0453.JPG 翌朝。窓からドッグランが見える。
 しかし今日も予定が目白押しなので、ドッグランには寄らずに出発した。
at 23:59 | 旅行記

2007年10月28日

九州旅行24/35:はな阿蘇美

20071028_0442.JPG 次はりねさんの希望で『はな阿蘇美』へ。巨大な温室には多数のバラが植栽されている。

20071028_0443.JPG ここも犬の散歩は自由だった。

 本日の予定はここまで。宿に向かう。
at 23:58 | 旅行記

2007年10月28日

九州旅行23/35:阿蘇山

20071028_0417.JPG 通潤橋から車を走らせて『阿蘇山』へ。外輪山に入ってから、途中のそば屋で昼食を食べる。阿蘇山公園道路を通って山頂の中岳火口駐車場に車を停めた。
 写真は、駐車場からの眺め。

20071028_0419.JPG ガス濃度を示すパトライト。幸いこの日は青で、立入規制はなかった。

20071028_0420.JPG 中岳火口への道。避難用のトーチカが並んでいる。
 阿蘇山も犬の散歩は自由だった。

20071028_0424.JPG 中岳火口とチャミー。

20071028_0429.JPG 噴煙を上げる中岳火口。

20071028_0431.JPG 火口周囲には荒涼とした風景が広がる。

20071028_0433.JPG このあたりにも火口がいくつかあったが、今は沈静化している。

20071028_0437.JPG 遊歩道からの風景。

20071028_0439.JPG 遊歩道を一回り散歩して下山した。
at 23:57 | 旅行記

2007年10月28日

九州旅行22/35:通潤橋

 本日最初の目的地は『通潤橋』
 幕末に作られた水道橋で、現在も農業用水として使用されている。放水は土日の決まった時刻にしかおこなわれないので、それに合わせて旅行のスケジュールを立てた。

20071028_0375.JPG ホテルから1時間強走り、『道の駅通潤橋』に到着したのは11時前。駐車場からは通潤橋がよく見える。
 山戸町でおこなわれる「八朔祭」の造り物が飾ってあったので通潤橋と一緒に写真を撮った。しかしなぜ「カリブの海賊」なのか?

20071028_0372.JPG その隣には龍とユニコーン。あまり統一性はない。

20071028_0377.JPG などと造り物を撮影していたら、通潤橋の放水が始まった。今日の放水予定時刻の12時まではまだ1時間あるのになぜ? でもまあ1時間待たずにすんだのはラッキーだった。
 あとで調べてみると、料金さえ払えば希望の時刻に放水してもらえるらしい。金を払った人のおこぼれにあずかったわけだ。

20071028_0381.JPG 川沿いの道を、橋に近づいていく。

20071028_0382.JPG チャミーも記念撮影。
 通潤橋も犬の散歩は自由である。

20071028_0385.JPG 10分ほどして、放水の勢いもだいぶ衰えてきた。

20071028_0389.JPG 放水が終了した通潤橋。

20071028_0390.JPG 通潤橋の上は歩いて渡れるようになっている。しかし手すりもないのでちょっと怖い。

20071028_0392.JPG 通潤橋を歩くチャミー。

20071028_0393.JPG 下の川辺にいる人が小さく見える。

20071028_0397.JPG 隣接している放水路にはずっと水が流れていた。

20071028_0400.JPG 対岸の高台から見た通潤橋。

20071028_0406.JPG 道の駅ではちょうどイベントをやっていた。
 ここで焼肉や焼鳥などを買って食べた。

20071028_0407.JPG 12時の定時放水が始まるころ、通潤橋をあとにして次の目的地へ。
at 23:56 | 旅行記