2007年10月30日

九州旅行33/35:宮崎カーフェリー

20071030_0641.JPG 途中スーパーに寄り、夕食の弁当と明日の朝食のパンを買ってから宮崎港へ。写真は、これから乗る『宮崎カーフェリー』の「みやざきエキスプレス」。
 船室はバス・トイレ付きの特別室にした。宮崎カーフェリーはペットの船室同伴は不可で、ペットルームに乗せた。

 疲れが出たのか、りねさんは夕食も食べずにダウン。私は夕食を食べてから、チャミーの様子を見に行く。フードをケージに入れたが食べようとしないのでそのまま置いてきた。
 瀬戸内航路を通るダイヤモンドフェリーと違って太平洋を航海するせいか、かなり揺れる。船酔い気味になってきたので、私も早々に寝ることにした。

20071031_0647.JPG 日の出のころに起床。紀伊水道に入ってから、揺れはだいぶおさまってきている。りねさんも復活したようだ。
 六時半になってチャミーの様子を見に行く。フードはすべて食べていた。

20071031_0653.JPG 七時半に無事大阪南港に到着した。
at 23:59 | 旅行記

2007年10月30日

九州旅行32/35:西都原古墳群

 いよいよ次が最後の訪問地、『西都原古墳群』である。
 阿蘇から九州自動車道に乗って延々と走り、途中サービスエリアで何度か休憩し、昼食も食べて、2時過ぎにようやく西都原古墳群に到着した。

20071030_0596.JPG 300余基の古墳が点在する西都原古墳群は公園として整備されていて、ちょうど今の季節はコスモスが満開になっている。
 写真はコスモス畑。その向こうに鬼の窟古墳が見える。

20071030_0598.JPG コスモスの中のりねさんとチャミー。

20071030_0602.JPG 鬼の窟古墳の案内板と。ここも犬の散歩は自由だった。

20071030_0612.JPG 鬼の窟古墳は円墳の周囲に土塁を巡らせた特殊な形をしていて、全国で唯一ここだけに見られる古墳である。
 写真は中央の円墳。

20071030_0604.JPG 石室の中も見学できるようになっている。

20071030_0610.JPG 鬼の窟古墳の土塁の上から。

20071030_0611.JPG この土塁は上に登って一周することができる。

20071030_0608.JPG コスモス畑がよく見えた。

20071030_0617.JPG 坂元ノ横穴墓群。発掘されたままの姿を建物で覆って保存している。

20071030_0618.JPG 坂元ノ横穴墓群の横穴墓。

20071030_0623.JPG 鬼の窟古墳の周囲だけでなく、あちこちにコスモスが咲いている。

20071030_0624.JPG 男狭穂塚古墳。全国最大の帆立貝型前方後円墳である。

20071030_0626.JPG 女狭穂塚古墳。くびれ部に造出を持つ、九州最大の畿内式前方後円墳である。

20071030_0625.JPG 両古墳の案内板。両古墳とも陵墓参考地に指定されているので立ち入りはできない。

20071030_0629.JPG 園内は広大なので車で移動する。これは、第2古墳群の中の1基。

20071030_0632.JPG 第2古墳群の中の100号墳。フキ石の状態がよくわかる。

20071030_0634.JPG 100号墳のチャミー。

20071030_0637.JPG これも第2古墳群の中の1基。数が多すぎて、とても全部は回りきれなかった。

 長かった九州旅行もこれで終了。あとは大阪に帰るだけである。
 西都原古墳群をあとにして宮崎港のフェリー乗り場へ向かった。
at 23:58 | 旅行記

2007年10月30日

九州旅行31/35:阿蘇神社

20071030_0583.JPG 本日最初の訪問地は『阿蘇神社』。二階建ての立派な楼門が特徴である。寺院には大きな山門を持つものが多いが、神社でこれだけ大きな楼門を持つものは珍しい。
 ここの楼門は「日本三大楼門」の一つと言われている。(ちなみに残りの二つは茨城県の鹿島神社と福岡県の筥崎宮らしい)

20071030_0586.JPG 阿蘇神社の拝殿。ここも犬の散歩は自由だった。

20071030_0589.JPG 境内にあった「願かけ石」。「三度撫でると願いが叶う」ということなので、揃って撫でた。

20071030_0592.JPG 不老長寿の「神の泉」。この水も揃って飲んだ。
at 23:57 | 旅行記