2010年05月06日

山形旅行7/14:ホテルオークヒル(2泊目)

 オークヒルでの2泊目。
 2泊目はルームチャージのみのプランで予約していたので、途中コンビニに寄って夕食と明日の朝食を買ってホテルに戻った。
 帰ってからすぐ温泉に入り、夕食は白身魚フライ海苔弁当+いなり寿司。翌朝の朝食はサンドウィッチだった。
at 23:59 | 旅行記

2010年05月06日

山形旅行6/14:唐松観音

20100506_140.JPG 三十分ほど車を走らせ、次の目的地、『唐松観音』に到着。カーナビがルートに畦道のような農道を指定したせいで少し迷ったが、なんとかたどり着いた。
 駐車場には、いも煮会で使われた巨大な鍋が置いてある。その向こうに見えるのが唐松観音。

20100506_126.JPG 参道は橋になっていて、川を渡っていく。

20100506_128.JPG 他に一、二組ほど観光客がいたが、ここも静かなところだ。

20100506_132.JPG 参道を進んでいくと、頭上にお堂が見えてくる。

20100506_133.JPG 清水寺などと同じ、懸崖造りのお堂だ。

20100506_139.JPG 別の角度から。

20100506_134.JPG お堂へ登る石段。

20100506_138.JPG 中は狭く、簡素な造りである。

 今日の予定はここまで。宿に戻る。
at 23:58 | 旅行記

2010年05月06日

山形旅行5/14:千手院&垂水不動尊

20100506_107.JPG 山寺を出て、車を東に走らせる。少し走ったところに最上三十三観音第二番札所、『千手院』がある。

20100506_108.JPG 遮断機も警報機もない踏切を渡っていく。山寺と違って、こちらは人もおらず閑散としている。

20100506_111.JPG 千手院の本尊は千手観音。
 ここから、千手院の裏山を10分ほど登っていくと‥‥。

20100506_112.JPG 垂水不動尊に到着する。

20100506_114.JPG 鬱蒼とした森の中、蜂の巣状に穴が開いた奇岩に鳥居が祀られている。

20100506_123.JPG

20100506_118.JPG この岩の裂け目に祀られているのが不動明王。
at 23:57 | 旅行記

2010年05月06日

山形旅行4/14:立石寺

20100506_042.JPG 二日目。最初の目的地、『立石寺(山寺)』へ。
 ホテルからは車で一時間弱。山寺駅前の駐車場に車を停めた。写真は、駐車場から立谷川越しに見た立石寺。

20100506_046.JPG 門前の商店街を5分ほど歩き、根本中堂前の登山口に到着した。

20100506_047.JPG 登山口を上がると、正面に見えるのは根本中堂である。

20100506_048.JPG 根本中堂の前で。
 立石寺は犬連れOKである。

20100506_051.JPG 桜は、散り始めていたがまだけっこう花が残っていた。

20100506_058.JPG 松尾芭蕉の像の前で。
 芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句を詠んだのがこの立石寺である。

20100506_059.JPG 山門。ここから先は有料エリアである。

20100506_062.JPG 山門から奥の院まで、800段ほどの石段を登っていくことになる。

20100506_065.JPG 犬は歩かせてもかまわないのだが、石段ばかりだったのでチャミーはほとんど抱っこされていた。

20100506_068.JPG 参道の脇には奇岩がそびえ立つ。岩肌にはお経が刻まれていたり、石仏が置かれていたりしている。

20100506_072.JPG せみ塚。
 芭蕉の句をしたためた短冊をこの地に埋めて、石の塚を立てたものだ。

20100506_074.JPG 石段はまだまだ続く。

20100506_102.JPG 弥陀堂に到着。ここで全行程の半分くらい。

20100506_078.JPG ようやく仁王門が見えてきた。

20100506_080.JPG 仁王門を越えたところには、堂宇がいくつかかたまって建っている。写真は中性院。
 このあたりに売店と休憩所があったので、一休みした。

20100506_081.JPG さらに少し登って、ようやく奥の院に到着した。

20100506_084.JPG 奥の院前からの眺め。

20100506_085.JPG 写真ではわかりにくいが、石堂の中には三重小塔が安置されている。

20100506_087.JPG 奥の院から対面の岩肌に見えるのは釈迦堂。三徳山三佛寺の投入堂にちょっと雰囲気が似ている。
 昔は観光客もあそこまで行けたらしいが、危険だということで今は修行者しか入れないのだとか。

20100506_091.JPG 奥の院から右へ、開山堂への道を歩く。

20100506_092.JPG 開山堂。立石寺を開いた慈覚大師のお堂だ。

20100506_096.JPG 開山堂からさらに少し登ると、立石寺の最高地点、五大堂がある。写真は、五大堂からの眺め。
 山門からここまでがほぼ一時間。さらに三十分ほどかけて降りてきた。

 降りてきたらちょうど昼食の時間。門前の商店街を歩いていたら、そば屋の軒先にテーブル席があったので、そこで昼食を食べた。
at 23:56 | 旅行記