2007年05月01日

吉野・高野旅行6/11:金峯山寺

 二日目は雨。
 宿をチェックアウトし、いったん黒門の外に出て観光駐車場に車を停める。そこから歩いて戻ってきた。

20070501_0071.JPG 吉野山の入口、黒門。
 雨なので、チャミーはずっと抱いたままである。

20070501_0072.JPG 銅の鳥居。黒門とともに重要文化財になっている。

20070501_0074.JPG しばらく歩いて『金峯山寺』に到着。
 周囲は建物が建て込んでいて、なかなか仁王門の全容が伺えない。

20070501_0075.JPG もう少し寄ってみた仁王門。

20070501_0076.JPG 右側の仁王、阿形。

20070501_0077.JPG 左側の仁王、吽形。

20070501_0078.JPG 本堂の蔵王堂。
 高さ34メートル、木造建築としては東大寺大仏殿に次ぐ大きさらしい。
 ここも特にペット禁止にはなっていなかった。

20070501_0082.JPG 蔵王堂の遠景。
 手前にあるのは四本桜。開花の時期はさぞ壮観だったのだろうが、今はすっかり葉桜になっている。

20070501_0086.JPG 境内にはいくつか末社がある。

20070501_0088.JPG これも末社の天満宮。

20070501_0094.JPG 蔵王堂の脇の階段を下りていく。

20070501_0096.JPG 下りた先には南北朝時代の吉野朝宮址がある。もっとも、石碑だけで当時を偲ばせるものは何もないが。
 向こうに見えるのは金峯山寺の仏舎利塔。

20070501_0098.JPG 吉野朝宮址を通り抜けてさらに進むと、金峯山寺の開祖と言われる役行者の像があった。従うのは前鬼と後鬼。

20070501_0101.JPG さらに階段を下っていくと脳天大神があるのだが、雨で滑りやすそうなので断念した。

 駐車場まで戻り、隣接する食堂で昼食のうどんを食べる。すでに雨はあがっていた。
 吉野山をあとにして、高野山へ向かった。
at 23:56 | 旅行記